読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯科治療のインプラントとブリッジどこ

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこがちがうかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。治療後、一見した感じでは、どちらかというとインプラントが優っていると考えられます。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。全てのインプラント患者にとって、治療費の高さは重要な問題ですね。この治療の費用は地域や、歯医者さんによって差があると考えるべきです。インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に設定できます。それでも、相場はあると言えます。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。高額なインプラントは、一体何年くらい持つのかというと、まだ定説になっていないでしょうが、定期的なメンテナンスがおこなわれていれば自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。と言う事は、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありないでしょうが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあると思ってちょうだい。人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりないでしょうが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあるでしょう。せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯医者さんによるメンテナンスはずっと続きます。けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かも知れないでしょう。放置すると炎症が広がるので即刻診断をうける必要があるでしょう。インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使ってつくられているためです。インプラント治療に保険が適用されることはまずありないでしょう。ほぼ全額自費とみるべきです。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療をはじめる前に歯医者さんに話しておくと不安や誤解がないでしょう。最近メジャーになってきたインプラントですが、手術をうけるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありないでしょう。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れや痛みが収まらない場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。セラミックとは要するに陶磁器であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を創れるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必須になってきます。患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて創るので、それだけ、セラミックの歯というものは一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。インプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。それは本当のことではありないでしょう。磁気を当てて画像を創るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られないでしょう。しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査には問題ないのです。インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。インプラント埋入手術をうけても、大して痛くないのが普通です。麻酔の効き方を確認しながら手術に取りかかるためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもあるでしょうが、痛み止めは頓服として処方されますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありないでしょう。誰でもインプラント治療ができるわけではありないでしょう。その大きな原因は費用の問題も大きいと思います。おおむね保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差が出てきます。また、歯医者さん院が費用を自由に決められるので、そこでも思いの外費用は違ってきます。また、定期的なメンテナンスも必要といったことも他の歯科治療と異なります。